種類によって症状が変わってくるペットの皮膚病

遺影

最愛のパートナーの旅立ち

長年連れ添った大切な存在に人とペットの区別はありません。彼らが旅立つ時、ペット火葬を行って旅立ちまで責任を持ちましょう。別れの儀式をおざなりにしてしまうと後悔することになります。大阪にはペット火葬を扱う会社が多いので条件にあうところを選びやすいです。

動物

大切な家族を預けよう

海外に出かける際、一番気がかりなのは大事な愛犬のことです。出立の間際まで側にいたい、帰国したらすぐに会いたいという人に人気なのが、成田空港内にあるペットホテルです。24時間体制でスタッフがお世話をしてくれるので、安心して預けることができます。広いドッグランも併設されているので、ストレスなく過ごすことができるでしょう。

専門医に診せることが大切

動物病院

犬や猫のなどのペットを飼っている人にとって気になる病気の一つが皮膚病ではないでしょうか。この皮膚病によっては毛並みが悪くなり、かゆみなども発生することもあることから、早く治してあげたいと思う飼い主さんも多いです。代表的なペット皮膚病としては、膿皮症、皮膚糸状菌症、ニキビダニ症、疥癬(かいせん)、ツメダニ症、アレルギー性皮膚炎、ノミアレルギー症、膿漏症、ホルモン異常などがあります。膿皮症は、ペットの免疫力が低下することにより起こる症状です。人も同じですが、ペットにも皮膚には常在菌がいます。通常の免疫力の時には特に問題はないのですが、免疫力が低下することにより、この常在菌が異常増殖することがあります。常在菌が増えることにより、皮膚に異常をきたすのです。この症状の特徴に、わきの下であったり、顔、指の間であったり柔らかい場所にできるのが特徴です。この症状ではかゆみが伴うため、どうしても掻いたり、なめることで毛が抜けやすくなります。皮膚糸状菌症はカビによって起こる症状ですし、ニキビダニ症や疥癬などは寄生虫によって起こる症状です。どんな症状かを正確に判断することができれば、適切な処置によって治療をすることができます。ただ、上記で紹介した皮膚病はあくまでも代表的な症状であり、ほんの一例です。皮膚病には200種類もあると言われるほど多くの症状があります。そのため、ペットに気になる症状が現れた時には、自己判断で治療するのではなく、専門医の判断を仰ぐことが大切です。

チワワ

ミックス犬関係のサービス

チワプーは、チワワとトイプードルを両親とするミックス犬です。人気が高く、専門的に繁殖を行っているブリーダーもいる程です。身体的にはチワワの目とトイプードルの体毛を受け継いでおり、性格的に扱いやすいという特徴があります。子犬の内からしつけをする必要がありますが、専門業者を利用することも可能です。